練習場所

まだギターもないのに心配事でもないんですが、ギターやベースを練習している人はどのような環境で練習しているのでしょう?

やはり、アンプにヘッドフォンを差し込んで近所に音が漏れないようにしている方がほとんどでしょうか?

若い頃、夜中にアンプを本当に小さくして練習していたことがあるのですが、アパートの下の人から怒鳴り込まれた事がありました。

アンプの音は小さいつもりでも、結構響いてしまいます。

家にアンプを鳴らせる環境のある人は羨ましいですね。

今はマンションですのでアンプを鳴らすのは難しいです。

やはりヘッドフォン作戦しかありません。


それより、ギターを買うお金を貯める心配のほうが先でした。

おやじバンドの本

先日書店に行きました。

何気なく音楽コーナーを覗いていると、おやじバンドの雑誌がありました。

こんな本が出版されていたんだとびっくりしました。

私の隣にいた男性がその本を立ち読みしていました。

スーツを着ていて、年齢は私と同じぐらいでした。

私と同じような人は身近にいるんですね。

今考えると、「バンドをやっているのですか?」と声をかけるべきだったと思います。

若い頃バンドを組んでいて、仕事の関係や生活環境のため夢を諦めた人は沢山いるはずです。

エリック クラプトンやローリング ストーンズは60歳を過ぎているのに頑張っています。

これからでも遅くはないですね!

好きな音楽

ギターを始めたのは15歳の時ですが、実際にバンドをやっていたのは19歳から24歳ぐらいまでです。

その頃は、サザンロックが好きでした。

当時良く聞いていたのは、エリック クラプトン、デイヴ メイスン、オールマン ブラザーズ バンド、レイナード スキナード、レス デュデック、アウトローズなどでした。

大好きなギタリストは沢山いますが、一番はデュアン オールマンです。

そう、2006年エリック クラプトンのコンサートに参加していたデレク トラックスを聞いたとき、大好きなデュアンとダブってしまったのです。

デレク トラックスのスライドギターの音は最高でした。

はじめまして

はじめまして。

46歳の中年男です。

最近バンドを組みたくて仕方ありません。

若い頃バンドをやっていたのですが、今頃になってまた再開したくなったのです。

そのきっかけは、2006年の暮れに行ったエリック クラプトンの武道館コンサートです。

数年前にエリック クラプトンのコンサートに行った時はバンドをやりたいとは思わなかったのですが、今回は違いました。

2006年のツアーには、オールマンブラザーズバンドのギタリストでもある、デレク トラックスが参加していたのです。

彼のスライドギターを生で聞いて、血が騒いできました。



はたして20年以上、ギターを触っていないので再開して弾けるようになるかはわかりませんが、チャレンジしてみたいと考えています。

これからバンドや音楽について考えている事を日記にしていきます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。