ベルボトム ブルース

2006年のエリック クラプトンのコンサートを振り返ってみました。

このコンサートは最近のクラプトンファンには少々つまらない選曲だったかもしれません。

でも、私のようにデレク&ドミノス大好きからすれば最高の選曲でした。

特に、エニイデイのイントロで鳥肌が立ち、デレク トラックスのスライドギターを聴いて涙が出てきました。

私の目に映っているのは、若々しいクラプトンの姿と薬指にコリシディンの瓶を付け、スライドを弾いているデュアン オールマンの姿でした。

まさかエニイデイを演奏するとは思いませんでした。

残念だったのは、ベルボトム ブルースを演奏しなかった事です。



ベルボトム ブルース。


好きな曲はいっぱいありますが、今までで一番聞いた曲はベルボトム ブルースかもしれません。


と記事を書いていて突然聴きたくなったので久しぶりに聴いてみました。

レイラ セッションに入っているCDが好きですので聴いてみたのですが、良く聞いてみると今まで聞こえていなかった音が聞こえてきます。

改めてデジタルリマスターとは凄いもんだと感じました。


あの頃聞いたレコードは、ノイズが多く、もやもやこもっていて

「なんじゃ この録音は?」

と思っていましたが、あれはあれで良かったような気がします。


今日はもう一度ベルボトム ブルースを聴いて就寝します。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。